現代ヨーロッパ論

2024後期

  • 授業の概要
    • 冷戦後のヨーロッパは、リベラル国際秩序に対して、どのような構えを取ってきたのか。今後、いかなる構えを取ろうとしているのか。冷戦期のヨーロッパ政治について基礎的な部分を解説しながら、ヨーロッパ統合の現在、イギリスの立ち位置、ドイツの来し方、フランスの願望について議論を重ねることで、リベラル国際秩序に対するヨーロッパの構えについて、講義全体を通じて考察していきたい。
  • 学習目的
    • 冷戦後ヨーロッパの30年について、政治史・国際政治史の観点から理解する。とくに、イギリス・ドイツ・フランスの国際政治および対外政策について、理解を深める。
    • ヨーロッパ統合の達成について、安全保障およびデモクラシーの両面から理解する。
  • テキスト
    • 臼井陽一郎・中村英俊編著(2023)『EUの世界戦略と「リベラル国際秩序」のゆくえ:ブレグジット、ウクライナ戦争の衝撃』明石書店。
  • 毎回の授業内容・予定
    • 第1回 導入① 現代ヨーロッパの時代区分。ドイツ問題・冷戦・統合
    • 第2回 導入② ヨーロッパの国際組織。CoE・NATO・OSCE・EU ※ 小レポート
    • 第3回 テキスト序章:リベラル国際秩序とヨーロッパ統合①
    • 第4回 テキスト序章:リベラル国際秩序とヨーロッパ統合②
    • 第5回 テキスト序章:リベラル国際秩序とヨーロッパ統合③    ※ 小レポート
    • 第6回 テキスト第1章:イギリス①
    • 第7回 テキスト第1章:イギリス②
    • 第8回 テキスト第1章:イギリス③                ※ 小レポート
    • 第9回 テキスト第2章:ドイツ①
    • 第10回  テキスト第2章:ドイツ②
    • 第11回   テキスト第2章:ドイツ③                 ※ 小レポート
    • 第12回   テキスト第3章:フランス①
    • 第13回   テキスト第3章:フランス②
    • 第14回   テキスト第3章:フランス③                ※ 小レポート
    • 第15回   授業全体のまとめ + 予備日
  • 最終レポート
    • 授業で取り上げたテキストの各章のうちひとつ以上を選んで、要約のうえコメントを述べること。2000字以上。
  • 授業のレジュメ(PWは授業で教えます) ※ 作成中